債務整理〜取り立て行為への対応〜

取り立てに対する被害は昔からあり、無くなることはありません。もともとは、何らかの理由により返済が遅れてしまった債務者が悪いに決まっていますが、返済の催促についても規制がされており、違法な取り立てから債務者を守るようになっています。 違法取り立てと言うと、すぐに悪徳金融を想像することと思います。しかし、近年で大きなニュースになったもので、消費者金融最大手の2社が、業務停止や行政処分を前提した弁明を求める通知をされたのがありました。 最大手でもこのような事件が起きるのは、それだけ債権者も債務者もモラルが低下している証拠だということが言えるのかもしれません。     違法な取り立ての例で言えば、午前8時から午後9時まで以外の時間帯の取り立ては原則的に禁止となっていたり、多人数での取り立ても違法行為となっています。 最も認識されている、威圧的な取り立てを始め、法令では様々な内容で取り立てに関しての規制をしており、債務者を保護しています。     もし、業者が違法な取り立てを行った場合の対応ですが、原則的に違法な取り立てに対しては応じる必要はありませんが、そもそも債務者の返済が遅れていることが問題なので、そのことを忘れてはいけません。 もし、適切な取り立てが行われていない場合は、迷わず直ぐに警察に連絡するべきだと言えます。 また、そのような取り立てに対して、違法取立の停止請求≠行うことで違法取立を止めさせることが可能です。もしそれでも違法取立を止めない場合は、監督官庁へ行政処分の申し立てをしたり、告訴をすることも出来ます。 その際には、違法取立の停止請求の書面(内容証明郵便を利用するなど)などの、違法取立を証明するものを提出することになるので、保管しておく必要があります。 返済が遅れるのは、いけない事ですが、違法な取り立てに怯える必要は全く無いのを認識する必要があります。

概説

この貸付方法による場合、借り手は債務全額の返済責任を負わない。責任財産からのキャッシュフローのみを返済原資とすること、その範囲を超えての返済義務を負わないことから、原則として保証人を必要としない。

債務者は、自己の全資力をもって債務を弁済する義務を負うのが、民事法における大原則である。この原則は、たとえ債務に対して物的担保(抵当権等)、人的担保(保証等)があっても変わらない。抵当目的物を換価しても、債務弁済に不足する場合は、不足分は一般債権として存続するのが原則である。しかし、この原則の下では、企業が新規事業や新工場の立ち上げなど多額の投資を行うことで、仮に当該投資が失敗に終わった場合、投資とは関係のない従来の本業まで影響を受け、最悪の場合、倒産という事態を招来する可能性すらある。このように、新規投資が企業の命運すら左右するほどのリスクがあるのでは、企業は新規投資を躊躇せざるを得ない。かかる状態は国民経済上も不利益であり、投資リスクを限定するためのスキームが必要となる。

そこで新規投資を行う企業は、100%子会社として新規投資のみを行うための特別目的会社(SPC)を作り、銀行は当該SPCに融資をするという形を採る。そして当該SPCが投資の法的な主体となって新規投資を行ない、所有権等も当該SPCの名義とする。但し、実際の意思決定は親会社が行う形をとる。この形を採ることによって、当該投資が失敗に終わったとしてもSPCの親会社は株主でしかないので株式の出資分以外に責任を負わないこととなる。(間接有限責任)そして融資をした銀行はSPCが融資によって投下した資金で取得した資本財のみが引き当て可能額となるのである。

<<ウィキペディアより引用>>

自己破産の手続きの流れ

●手続きの流れ 任意整理の大まかな流れの理解は、任意整理を行うべきかどうかの判断材料にもなりますし、弁護士などに依頼する際に効率よく交渉することが可能になります。     ●弁護士などを探して依頼 通常、個人では任意整理の交渉に応じてもらえないので、弁護士か認定司法書士へ依頼することになります。まずは、各地域にある自治体などの団体で設置している相談窓口へ問い合わせることから始まります。 個人で弁護士などを捜す場合、悪質な業者も多くなるので、そのような業者に依頼しないように気を付ける必要があります。悪質な業者を避ける一つの方法として、弁護士会に問い合わせることが有効だと思われます。     ●受任通知の送付 一般的には、弁護士などに依頼をして、着手金の一部を支払うことで、受任通知が債権者に送付されます。受任通知が送付されたことで、返済を一時的にストップさせることができ、取り立ても止まります。 万が一、受任通知の送付後にも取り立てが行われる場合には、違法行為に当たるため、その旨を弁護士などに報告をして対処したもらうことが出来ます。     ●交渉のスタート 一般的に、着手金が全額入金されることで、弁護士などは、債権者との交渉をスタートさせます。 弁護士などは、債権者となっている各社に、債務者との取引履歴の開示を請求します。その内容に沿って、利息額などを計算し直して、債務者の返済能力に合わせた和解案を作成します。 この和解案に対して、各債権者と弁護士などとの間で協議し、返済方法を決定させます。 この際、債権者が和解案に応じなければ、交渉の決裂となり、任意整理が行えません。 また、親身な弁護士の場合、何ヶ月、何年もかけて交渉して貰えますが、そうならずに、交渉が決裂していまう場合もあります。 また、5年以上かかる場合は、債務の時効が成立し、債務が帳消しになる場合もあります。     ●返済金・報奨金の支払いスタート 和解案が成立すると、その都度返済がスタートします。また、一般的には同時に弁護士などへの報奨金の支払いがスタートします。 返済は、和解案の内容に沿った金額で行われますが、その支払い方法には、自分で債権者に入金する方法と、弁護士などに代行してもらう方法があります。 自分で支払う場合には、債権者と弁護士へそれぞれ規定の金額を納金します。 弁護士に代行してもらう場合には、合計金額を弁護士に支払い、弁護士がその中から返済金を債権者に納金します。 この場合、当然ながら、弁護士への手数料が発生します。

最新ニュース

Link